プロフィール

ぽっぽ@相場師見習い

Author:ぽっぽ@相場師見習い
相場歴10年以上の方が10名程いる相場師集団の端っこで教えて頂いている相場歴6年の超初心者です。主にブログに書き込んで下さる楽爺師匠は、相場歴40年の会社経営者。他に商品相場から株式相場に転向された師匠や、戦前の相場師の愛弟子だった師匠もいます。手法は、うねり・リズム・鞘取りのミックスです。

【楽爺夜話…298】「売りは早かれ 買いは遅かれ :a」

2020/01/02 04:00:00 | 未分類 | コメント:0件

楽爺の夜話 格言編⑫


「売りは早かれ 買いは遅かれ :a」


この格言は、下げる時は急に下げるので、
とにかく早く利確して早く逃げようって話で、
買いの場合は、ゆっくりしか上げては行かないので、
焦らずにゆっくり行こうっていう戒めの言葉です。


同じような諺に「天井三日、底百日」という格言が有ります。
これも買い場は沢山あるけれど、売り場は短いの例えです。


ただし、この場合の買い場が多いというのは、
短期の買いでは無くて中期・長期の投資方法の格言です。
相場は下げた時には、必ず底練りをするようになりますから、
その時に仕込むのが良いって解釈をすればよいですね。


買いの場合は、月足陰線一本目で仕込むのでは無くて、
月足二本目の下髭まで意識して、ゆっくり買っていこう。
途中で戻しても仕方がないと思おう。そんな感じです。


売の場合は、買いと違って、
一瞬のチャンスを掴まないと居過ごすので、
このような格言になるのだと思いますが、
よーーく考えてみると、我々は逆をしがちなのです。


利が乗っている時は欲の皮が突っ張っているので、
引っ張って居過ごして、下げに見舞われてしまいます。


株式投資は経験を積めば積むほど難しく感じる様になります。
それはいつも言うように未来は分からないからですが、
買いはある程度のキャリアを積めばは分かるようになります。


素人が投げた時は、日足陰線がドーーンと長 くなります。
この時は、信用が追証になって投げなければならなくて、
その瞬間が、適正な株価が下振れした瞬間であり、
ここが底の部分だと考えれば、ある程度は当たります。


もちろん大相場が終わった後の下げの場合は、
少し戻して、また下げて行くので、また話は違うので、
下げ相場と上げ相場の押しとは違う認識は必要です。


では、また。
               楽爺


売りはあっという間に下げるから、居すごしてしまうし、
買いは、いつも早すぎるし、
ホント、嫌になっちゃいます。
いつも買いたい病なんだと思います。


まだまだ勉強することはイッパイあるなぁ。
建玉法をちゃんと守って、
相場の波乗りが上手になりたいです。
でもこれも練習、練習ですね!


ぽっぽ


<<<大事なお知らせ>>>
LINEワークスが無料で使える定員が100人なので、100人を超えると新規読者様の登録ができません。何度かアナウンスさせて頂いていますが、過去1か月間の書き込みから未読になっているアカウントの登録を削除させて頂いています。 もし突然アクセスができなくなりお困りでしたら、再度登録申請 
https://rakuzi-kai.com/recruiting/ をしてください。申し訳ないですが、よろしくお願いします。



→ RAKU-Zi会

楽爺会のサイトが新しくオープンしました。


にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村


 
人気ブログランキングへ 


 アップ ポチっとして頂けると、励みになります。

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する