プロフィール

ぽっぽ@相場師見習い

Author:ぽっぽ@相場師見習い
相場歴10年以上の方が10名程いる相場師集団の端っこで教えて頂いている相場歴6年の超初心者です。主にブログに書き込んで下さる楽爺師匠は、相場歴40年の会社経営者。他に商品相場から株式相場に転向された師匠や、戦前の相場師の愛弟子だった師匠もいます。手法は、うねり・リズム・鞘取りのミックスです。

【楽爺夜話…297】「売り買いは腹八分 :b」

2020/01/01 13:00:00 | 未分類 | コメント:0件

楽爺の夜話 格言編⑪


「売り買いは腹八分 :b」


相場をしていると、確かに傾向は継続します。
でも、それはグラフを見ているから思う感情です。
過去を見ていたら、確かにそうなるのですが、
だからと言って、未来はそうは行きません。


傾向は継続するという原則に則り、
我々の脳には、現状が続くはずだというバグが有ります。
だから相場について行ったら、最高値までついて行けると錯覚します。
でも、そんなことにはならないんですね。


傾向は継続する時も有るし、しない時もあります。
傾向が継続する事が多い事は確かだけど、
人の思いの集積なので、いつも思ったようには動いてくれません。


上げると思ったら下げてしまうし、
下げると思ったら窓を空けて上げてしまいます。
相場というものはそういうものだと思って、
資金は腹八分、売りも買いも腹八分が良いと思いますね。


どんなに努力しても未来は見えないのですから、
大底では買えないし、天井でも売れないと心得るべきです。


桜の花も満開よりは八分咲くらいの方が元気が有るし、
自分だけが儲かれば良いという意識も出来るだけ無くし、
欲の皮が突っ張った建て切りは戒めていきたいですね。


ウォール街の格言にも、
「強気も弱気も株でもうけられるが、欲張りはダメ」があります。
有名な「ウォール街」の映画でゲッコーのセリフには、
「貪欲は善である」というのが有り、そして彼は負けるわけです。


欲を持つことが悪い訳では無いのでしようが、
自分中心主義で考える癖がついた人は勝てないですね。


では、また。
               楽爺


ラインワークスでも、話題になっていましたね。
自分中心主義の人は周りが見えない。
周りが見えない人が、
相場状況を客観的に見られるハズがないわけで、
いかに自分中心主義を無くしていくかが、
相場の肝なのでした。


貪欲って、我の塊みたいなものですもんね。
自分の思いを中心に置いて、売買してしまう。
これじゃ勝てるわけない。
相場って、つくづく自分との闘いなんだなって思います。


楽爺会に入会したときに教えてもらったのは、
基本中の基本の売買で、
巷で千本ノックと言われるものに近いものでした。
建てる場所っていうのは、データを見て決めるのだけど、
「〇〇手仕舞い」と言って、手仕舞いの場所は決まっていました。


「勝てば良い」と何度も言われました。
数百円でも勝てば良い。
「〇〇手仕舞い」 を守るというのも、
腹八分目の練習だったのかもしれません。


楽爺師匠の利伸ばしは、凄いけれども
もの凄くたくさんの相場データや建玉法を考慮に入れて、
総合的に判断されています。


私はまだ自分中心が強いから、
相場データが、きちんと見られないのです。
データは売れと言っているので、
まだ行けるはずだ!って思って居すごしてしまう。


楽爺師匠のようになるためには、
自分中心を減らし、データをきちんと見られるようになること。
たくさんあるデータをきちんと受け止め、
総合的に判断して、建玉法通りに売買できるようになること。
道はまだまだ遠いけど、今年も頑張っていきたいです。


ぽっぽ


<<<大事なお知らせ>>>
LINEワークスが無料で使える定員が100人なので、100人を超えると新規読者様の登録ができません。何度かアナウンスさせて頂いていますが、過去1か月間の書き込みから未読になっているアカウントの登録を削除させて頂いています。 もし突然アクセスができなくなりお困りでしたら、再度登録申請 
https://rakuzi-kai.com/recruiting/ をしてください。申し訳ないですが、よろしくお願いします。



→ RAKU-Zi会

楽爺会のサイトが新しくオープンしました。


にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村


 
人気ブログランキングへ 


 アップ ポチっとして頂けると、励みになります。

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する