プロフィール

ぽっぽ@相場師見習い

Author:ぽっぽ@相場師見習い
相場歴10年以上の方が10名程いる相場師集団の端っこで教えて頂いている相場歴6年の超初心者です。主にブログに書き込んで下さる楽爺師匠は、相場歴40年の会社経営者。他に商品相場から株式相場に転向された師匠や、戦前の相場師の愛弟子だった師匠もいます。手法は、うねり・リズム・鞘取りのミックスです。

【楽爺夜話…209】自己流や根性では、相場の世界では生き残れない。楽爺

2019/04/15 05:24:28 |  L楽爺夜話 | コメント:0件

楽爺の夜話⑥

相場に勝つ方法論というのは、
無用な競争を生むし、誰にも教えたくない種類のものなので、
相場の「蔵」は一子相伝の様に、一般には存在しません。
どんなに探しても、相場の「蔵」が無いんですね。
まずは、この「蔵」をどうして学ぶのかが大事な部分です。

しかも教訓はほとんど無い。
すごく成功した人でも、一時的な成功はするけれど、
最終的には失敗して市場に駆逐されてしまうので、
教訓を遺す暇もなく奈落の底へ落ちちゃうんです。

ただ一言、相場をしないほうが良い。信用は駄目だ。
この二言くらいしか遺す暇が無いのでしょうね。

楽爺会に参加をいただいている正会員のメンバーも、
人一倍勉強家であるにもかかわらず、誰からも学べずに、
自己流で頑張ってきた人がほとんどです。

楽爺自身も含めて、株式投資を始めても右も左も分からないし、
株価がどのような理由で動くのかすら分かリませんでした。
最初の頃は、四季報というのが有る事で驚いたり、
マーケットの構造やチャート分析法を知ってビックリでした。

為替や原油市場と株式との関係性も分からない。
ファンダメンタルズ分析って何?テクニカル分析って何?
正に、何も分からない段階でここをスルーして行きます。

やがて真面目に勉強している人は、
林先生の本に出会うことになります。でも、これが難問です。
そう簡単に分かるものではありません。言葉すら分からない。
やがて、林先生の勉強をしている人達は、

少しずつ気が付きます。
自己流や根性では、相場の世界では生き残れないことを。。。

長くなりますので、この続きはまた来週。

                  楽爺

 

私は、相場を始めて比較的早くに楽爺師匠に出会ったので、

なんだか、相場師の世界が当たり前のように思っていましたが、

そうか、何も分からず相場に参加している人って

とても多いってことなんですね。

 

そりゃぁ、上げるか下げるかの

丁半博打って感じの人も多いのかも?

そうやって考えると、怖ろしいですね。

知っているのと知らないのでは、大違いだもの。

 

ぽっぽ

 

*******************************************

相場歴40年のたぬ吉さんが、

「基礎の基礎」の無料勉強会を

4/27(土)に開催してくださるそうです。

 

たぬ吉さんは、林先生に何度も教えて貰っているし、

東京を拠点として

多くの相場師との交流がある方なので、

かなり勉強になると思います。

 

楽爺師匠主催の勉強会への見学は

当分無いと思いますので、

基礎の基、基本の基を学んでみたい人は

参加を検討してくださいね。

*******************************************

 

******************************

LINEワークスに登録申請したけれども

上手く入れない方は、

メッセで連絡をくださいね。

******************************

キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

楽爺師匠のLINE ↓

https://blogs.yahoo.co.jp/hakuin_rakuraku/48093715.html

 

キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

LINE WORKSですが、

パソコン用のアプリを使うと、

楽爺師匠の記事が、上手く読めないようです。

普通の、インターネットを見る

インターネットエクスプローラとかクロームとかで
https://auth.worksmobile.com/login/myService

↑ココにアクセスしてログインしてみてください。

 

承認された方の詳しい入室法は、↓↓↓

https://blogs.yahoo.co.jp/hakuin_rakuraku/48094642.html

 

 

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

 

 
人気ブログランキングへ 

 

 アップ ポチっとして頂けると、励みになります。

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する