プロフィール

ぽっぽ@相場師見習い

Author:ぽっぽ@相場師見習い
相場歴10年以上の方が10名程いる相場師集団の端っこで教えて頂いている相場歴6年の超初心者です。主にブログに書き込んで下さる楽爺師匠は、相場歴40年の会社経営者。他に商品相場から株式相場に転向された師匠や、戦前の相場師の愛弟子だった師匠もいます。手法は、うねり・リズム・鞘取りのミックスです。

【楽爺夜話…208】たぶん、ここに相場の勉強をする一番の困難があります。楽爺

2019/04/14 05:46:57 |  L楽爺夜話 | コメント:0件

楽爺の夜話⑤

日本独特の難しいコトを学ぶ修行というのは、
蔵.修.破.離.遊とステップ踏んでいくわけですが、
相場も同じようなステップを踏んで行く必要が有ると思います。
まずは「蔵」を知り、理解することに全力で取り組みます。

ただ、今までに運動でも研究でも経営でも、
かなり高い処か深い処まで行った人じゃないと、
「蔵」の修得なんて、こんなものだろうって思うんです。

でも、実際は全く違っていて、向こうのその向こうに、
またその向こうに修得しなければならないことがあります。

「習得」であれば、習って覚えることですが、
これを「修得」と間違ってしまうのでしょうね。
「修得」とは、学んで身につけることですから、
身につけられなければ学んだことにはなりません。

しかも、この「蔵」の部分が相場の場合は不明確です。
正しい方法というのは、お金儲けと直結しているので、
誰も教えたくないから、世に出てこなかったのです。

そりゃあ、自分と同じことを他の人に教えれば、
同時に売買する人が多くなるので、買値が高くなったり、
売値が安くなってしまうので、教えることはしないですね。

楽爺の本業にしても、そうして教えた人と競争になるので、
その分だけ無用な競争が生まれて大変でした。
相場は、それ以上にダイレクトに市場に反映されるでしょうね。

ですから、相場の理論や手法や方法というのは、
自分ひとりのもので、誰にも教えたく無いものであり、
たぶん、ここに相場の勉強をする一番の困難があります。

長くなりますので、この続きはまた明日。

                  楽爺

 

蔵.修.破.離.遊 という学びのステップは

勉強を始めた頃から言われてきました。

正直、よく分からなかったですが… アセアセ

 

今は、真似んで「蔵」の知識を貯めている時。

6年で、まだ蔵(笑)

 

相場の世界では、「相場を教える」と言って

逆に喰い物にする人もいるわけだから、

ホント、怖ろしいですよね。

正しい学びができる幸せっていうのは、感じています。

師匠、ありがとうございます。

 

ぽっぽ

 

*******************************************

相場歴40年のたぬ吉さんが、

「基礎の基礎」の無料勉強会を

4/27(土)に開催してくださるそうです。

 

たぬ吉さんは、林先生に何度も教えて貰っているし、

東京を拠点として

多くの相場師との交流がある方なので、

かなり勉強になると思います。

 

楽爺師匠主催の勉強会への見学は

当分無いと思いますので、

基礎の基、基本の基を学んでみたい人は

参加を検討してくださいね。

*******************************************

 

******************************

LINEワークスに登録申請したけれども

上手く入れない方は、

メッセで連絡をくださいね。

******************************

キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

楽爺師匠のLINE ↓

https://blogs.yahoo.co.jp/hakuin_rakuraku/48093715.html

 

キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

LINE WORKSですが、

パソコン用のアプリを使うと、

楽爺師匠の記事が、上手く読めないようです。

普通の、インターネットを見る

インターネットエクスプローラとかクロームとかで
https://auth.worksmobile.com/login/myService

↑ココにアクセスしてログインしてみてください。

 

承認された方の詳しい入室法は、↓↓↓

https://blogs.yahoo.co.jp/hakuin_rakuraku/48094642.html

 

 

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

 

 
人気ブログランキングへ 

 

 アップ ポチっとして頂けると、励みになります。

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する