プロフィール

ぽっぽ@相場師見習い

Author:ぽっぽ@相場師見習い
相場歴10年以上の方が10名程いる相場師集団の端っこで教えて頂いている相場歴6年の超初心者です。主にブログに書き込んで下さる楽爺師匠は、相場歴40年の会社経営者。他に商品相場から株式相場に転向された師匠や、戦前の相場師の愛弟子だった師匠もいます。手法は、うねり・リズム・鞘取りのミックスです。

まずは金曜日の朝成を目安としておきます。楽爺

2017/11/22 05:56:36 |  Lらく式建玉 | コメント:0件

ぽっぽさん こんにちは

やっぱり上げてしまいましたね。
昨日の最初の自分の気持ちどおりにしておけば…
この流れには乗れたのに…

と反省しきりですが、
でも、相場をするっていうのはこんなものですよね。

こういう時に、負けたという意識にならないように、
玉を残しておくことが大事になりますし、
サヤ取りや1-2などにしておけば、

負けた事になりません。

そうすれば追撃できるので、

そう言う思いは大事なんです。
その為に楽爺は資金の1/3は残しています。

ぽっぽさんのブログの玉も

全部手仕舞いせずに残すのは、
こういう時に負けた意識が

自分に残らないようにしているのです。

さて、大事な局面で入れなかったですが、
これからどうするか?ですね。

明日に建てれば陽線の後です。
出来れば、買いの場合は陰線の後に建てたいのですが、
こんなに強い相場だと、

陰線が無いままにあげるかもしれません。

また、陰線一本目なのか?二本目なのか?

悩みはつきませんね。
さてさて、今から決めておかないとついていけなくなるので、
まずは金曜日の朝成を目安としておきます。

では、また。
                   楽爺
 

あ。。。本当だ。。。楽爺師匠の売買は、

必ず、買っている銘柄を残していて

全手仕舞いってされてない!

今月は、トヨタとキッコーマンは残してました。

 

以前、多銘柄売買を教えて頂きましたが、

損をしている銘柄を手仕舞う時は、

利益になっている銘柄と一緒に手仕舞って、

プラスの状態で手仕舞うようにと教えて頂きました。

 

「負けた意識が、自分に残らないように」

ってことなんだ・・・そうなんだな・・・

そういう心の状態って、大事にしなきゃダメなんだな。

これって、相場だけじゃなくて、

仕事も人生も、同じなのかもしれないですね。

 

最近、アランの幸福論を読み直しているのですが、

アランの幸福論っていうのは、

心の状態をプラスにもっていく方法のような気がします。

それが、感情に左右されない方法。

相場も感情的になったら客観視できないのだから、

心のありようというのは、重要なのかもしれないな。

 

ぽっぽ

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

 アップ ポチっとして頂けると、励みになります。

 ぽっぽ

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する