プロフィール

ぽっぽ@相場師見習い

Author:ぽっぽ@相場師見習い
相場歴10年以上の方が10名程いる相場師集団の端っこで教えて頂いている相場歴6年の超初心者です。主にブログに書き込んで下さる楽爺師匠は、相場歴40年の会社経営者。他に商品相場から株式相場に転向された師匠や、戦前の相場師の愛弟子だった師匠もいます。手法は、うねり・リズム・鞘取りのミックスです。

【楽爺夜話…58】上げ途上の押しの時に買うという方法は、かなり勇気が必要な割安株の買い方です。

2017/11/28 13:00:00 |  L楽爺夜話 | コメント:0件

 

ぽっぽさん こんにちは

『安い銘柄をどうして仕込むのか? ③ 』

では、二つ目の安値を買うのはどうでしょう。
これは上げ途上の押しの時に買うという方法ですが、
案外難しいというか、かなり勇気が必要な割安株の買い方です。

この場合、上げ相場になっているっていう条件が必要なので、
長期線は右肩上がりの必要があり、

短期線が中期線くらいまで、
一時的に押してきた時が出動のポイントになりますが、
上げ相場で押した時っていうのは、

経験が少ないと案外怖いんですね。

それと最近は、わざと深く押す事が多くなっているのですが、
これはAI化で、人間では無くてAIが建玉を見ながら、
ネギカモを殺しに来るので、

それに堪えなければならないくて、
しかも押しが深いというのは、

イメージ的に下げの始まりなのか?
それとも押しなのか?が

分かり難い様になっています。

その為に、口では上げ相場の押しは仕込むべきだと、
経験豊富な人の中には言う人はいますが、
じゃあ自分で建てられるのか?というと、

本当に難しいのです。
楽爺も、これは苦手な方法です。

苦手な方法なので、
それをカバーするようにシステムを作っているので、
周りから見ると、苦手な様には見えないようですが、
メチャビクビクしながら建てる様にしていますね。

最近の楽爺の建玉というのは、

押すかどうか微妙なところで、
上げた場合には、そのままついて行くし、

下げた場合には、酒田系でナンピンをする感じにしています。

実は難平する方が、玉数が増えるのでありがたいのですが、
だからと言って下げてしまうとガッカリするという、
不条理な世界ですが、これがまさしく相場の世界ですよね。

では、では、まだ続きます。
                    楽爺

 

上げ途中の押し目買いは、

S師匠が得意な方法ですね !!

やっぱり、移動平均線の方向性というのが

大事になってくるんですね。

 

私は、ちゃんと移動平均線を見られなくって

押したら買い!なんてやっていたから

スカンピンだったんだな。。。orz

 

ワザと押すというのも、何となく分かるような…

月足に長い髭ができて上げていくっていうのが

最近は結構ありますもんね。

 

ぽっぽ

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

 アップ ポチっとして頂けると、励みになります。

 ぽっぽ

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する