プロフィール

ぽっぽ@相場師見習い

Author:ぽっぽ@相場師見習い
相場歴10年以上の方が10名程いる相場師集団の端っこで教えて頂いている相場歴6年の超初心者です。主にブログに書き込んで下さる楽爺師匠は、相場歴40年の会社経営者。他に商品相場から株式相場に転向された師匠や、戦前の相場師の愛弟子だった師匠もいます。手法は、うねり・リズム・鞘取りのミックスです。

【楽爺夜話…55】失敗を何としてでも修正する。それを実行できずに絶望するのが異常なのだと思うべき

2017/11/21 13:00:00 |  L楽爺夜話 | コメント:2件

 

ぽっぽさん こんにちは

『建玉法って一体何なの? ⑤ 』

よく相場で失敗をしたって悩む人がいますが、
これは相場でも会社の経営でも全く同じです。

ちゃんと考えても判断を誤るってことは、
ごく普通のことですし、それ自体は正常なことです。
ここに相場を失敗する大きな問題は無いんですね。

それよりも、失敗をしたって分かった時に、
その失敗を何としてでも修正するっていう思いになり、
それを実行できずに絶望するのが

異常なのだと思うべきです。

失敗をしてしまう人の中には、
「間違っているのは自分ではなく、相場の方だ」
などと言う屁理屈を言う人もいますが、
自分の間違いを認めない人は、株式投資で大損します。

また、安い時の根玉を持っているのがベストで、
安い根玉が有れば、それに合わせて玉操作も出来るし、
ツナギも出来ると思いがちですが、そうでも無いんですね。

根玉にして、それをベースに擦るというのなら、
別に安い玉じゃなくても、高くてもそれを寝玉と思って、
信用の担保で使えば、問題は全く無いと思います。

信用のところで書きましたが、
根玉を現金だと考えて売買しない信用の塊だと思えば、
それが損をしていようが、
得をしていようが全く問題はありません。
現金の変わりだと思って、
失敗した株だと思わなければ良いのです。

では、では、まだ続きます。
                    楽爺

 

楽爺師匠に、最初に「哲学が必要だ」と言われて

相場に関係の無い本を読むように言われました。

その中で、失敗しても、だからどうするか?ってことが

とても大事だと、学びました。

 

普通は絶望してしまうのだけど、

そうじゃないんですね。

やっぱり心なんだな。

 

ぽっぽ

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

 アップ ポチっとして頂けると、励みになります。

 ぽっぽ

スポンサーサイト




コメント

名言

2017/11/21(火) 14:20:56 | URL | キャロ #79D/WHSg
名言。こころに刻みます。

Re:名言

2017/11/21(火) 20:35:00 | URL | ぽっぽ #79D/WHSg
>キャロさん
こめんとありがとうございます。
転送しておきますね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する