プロフィール

ぽっぽ@相場師見習い

Author:ぽっぽ@相場師見習い
相場歴10年以上の方が10名程いる相場師集団の端っこで教えて頂いている相場歴6年の超初心者です。主にブログに書き込んで下さる楽爺師匠は、相場歴40年の会社経営者。他に商品相場から株式相場に転向された師匠や、戦前の相場師の愛弟子だった師匠もいます。手法は、うねり・リズム・鞘取りのミックスです。

【楽爺夜話…35】株の空売りの仕組み2

2017/09/25 13:00:00 |  L楽爺夜話 | コメント:0件

ぽっぽさん こんにちは

『空売り(純空)ってどうなの?怖くないのですか? ⑦』
 

空売りは、イメージ的には
下降トレンドでも儲けることが出来る様な気持ちになるために、
初心者でも活用したい投資手法という事になりますが、
下降局面ですら、買いで利益を出すよりも難しいかもしれません。

かなりのベテランになると、下降局面であっても、
相場が下降しているか、ここから戻るか?なんて
分かるはずも無いので、空売りは儲からないと考える人が、
実は多いという現実が有ります。

で、ベテランに本当の話を聞くと、
信用は「ツナギ売り」でしか使わないという、
素人には、「あれ?」って思える答えが返ってくるのです。

このブログ記事は素人の人が読んでいると考えて、
繰り返しになりますが、もう少し具体的に書いてみます。

空売りとは、株券を先に借りて株式市場にて売り付けて、
株価が下がった、または上がったのちに
その株券を買い戻して差益をもらうというものです。

例えば、現在1000円の株式があったとして、
その銘柄が今後値段を下げるだろうと判断した場合、
その株式を先に借り付け、市場で売ります(空売り)。
ここで1000株売ったとすると、100万円の売りとなります。

思惑通り、その株式が値段を下げて950円になったら、
市場でその株式を買い付けて返済をします。

そうすれば始めの売却金額1000円から
のちに買い付けるのに支払った950円を差引いて
5万円が手元に残ることになります。
これが空売りの基本です

では、では、まだまだ続きます。
                    楽爺

 

え~~!!

空売りは、下げ相場で儲けられると単純に思っていたのですが

下げ相場の買いより難しいのですか??

そういえば、どの師匠も

売りは難しいとおっしゃってましたっけ あせる

 

空売りは

100万円で売っても、お金は出ていかないから

資金管理が、よく分からないんです あせるあせる

 

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ

人気ブログランキングへ 

 アップ ポチっとして頂けると、励みになります。

 ぽっぽ

 

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する