プロフィール

ぽっぽ@相場師見習い

Author:ぽっぽ@相場師見習い
相場歴10年以上の方が10名程いる相場師集団の端っこで教えて頂いている相場歴6年の超初心者です。主にブログに書き込んで下さる楽爺師匠は、相場歴40年の会社経営者。他に商品相場から株式相場に転向された師匠や、戦前の相場師の愛弟子だった師匠もいます。手法は、うねり・リズム・鞘取りのミックスです。

【楽爺夜話…32】信用取引のデメリットについて

2017/09/22 13:00:00 |  L楽爺夜話 | コメント:0件

ぽっぽさん こんにちは

『空売り(純空)ってどうなの?怖くないのですか? ④ 』

ううう。このテーマはちっとも話が進みませんね。
でも、大事な事なんだと自分に言い聞かせて、続きを書きます。

[デメリットについて①]

信用取引のメリットについては昨日書きましたが、
メリットがある一方で、デメリットも当然有ります。
これが想像しているよりも厳しいものになる可能性が高いのです。

信用取引は、手持ち資金以上の投資が可能なため、
損失が出た時には、損失額が大きくなるデメリットもあります。

時には、損失額が資金を上回る場合もありますから、
リスク管理が出来ない人は信用はやってはいけないというのは、
あながち昔の話では無くて、実際に起こりうるリスクだと、
信用取引を始める人は認識をしておく必要があります。

また、資金を借りる場合には
馬鹿にならないほどの金利がかかりますし、
株を借りる場合には貸株料など、
通常の取引にはかからないコストもかかります。

これを知らないと、利益は出たけど経費倒れだったという事も、
信用取引の場合は起こって来るので、これも要注意です。

そのため「信用取引は怖いからやらないつもりだし、
仕組みも知る必要もない」と思っている人も多いと思いますが、
信用取引を利用しなくても、仕組みをしっておくことは大切です。

信用取引によって発生する「信用残高」や
「逆日歩」が株価の動向に大きな影響を与えるので、
やらないから知らないでは、相場師への道は閉ざされます。

では、では、まだまだ続きます。
                    楽爺

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

白隠に入る前、必死に信用残高を見ていた頃がありますが

う~~ん、よく分からなかった・・・orz

 

今でも実はよく分からないのですけど、

数字の見方が、楽爺師匠と全然違う気がしています。

楽爺師匠は、ビジネスで常にデータを見て分析しているわけで

数字の見方が私とは全然違うのですね。

 

私は、ある基準の数値を探したくて、

その数値が分からないから、ワカラン!ってことになるのですけど

楽爺師匠の基準は生き物のようで、

数字の羅列の中で、その基準が変化しているっていうか

生きて動いている数字の中で、基準を見つけるっていうか…

う~~ん、上手く表現することができないですけど

そんな感じです(笑)

 

ロックして優待取りをする人は

逆日歩で大変になることがありますよね。

数千円の優待のために、何万円も逆日歩を払うなんてこともあって

ちゃんとした知識というのは、

相場で刈られないためにも大切なことなのだと思います。

 

う~~ん、でも逆日歩も株価に影響するんですね。

そんなことは考えてもなかったです。

みなさん、そういう事も考慮されてますか?

 

にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ

人気ブログランキングへ 

 アップ ポチっとして頂けると、励みになります。

 ぽっぽ

 

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する